【霊話】寂しかったんだよね。

こんにちわん。東洋魔術師・奄海るかです。

今日は久々に霊の話です。
怖い方は明日まで待って読むか、Uターンしてくださいね。
┏(゚益゚)ゞ


先日、友人から 「なにかついてないか」と相談されました。
この場合の 何かついていないか は 何か憑いていないか です。
手をやたら引っ張られたりして、怖くてご主人の手を繋いだら
その手はご主人の手じゃなかった という話でして。

霊視したら男の子。それも昭和3~40年代くらいのイメージの
いがぐり頭の短パン履いた男の子。小学校4~5年生かな。
病気で亡くなった子ではないようです。

さて、友人から外すために 準備をしますが 嫌がる嫌がる。
まあ、そうよなーと思いながら 話をします。
話をするってとても大事なのですよ。死者にも意思はあるので。

お坊さん 「ここにおったらあかんのは解るやろ?」
男の子 うん

お坊さん 「じゃあ、ここから離れて 明るいとこ行こうか」
男の子 いや

お坊さん 「なんでいや?」
男の子 おかあさんにあいたい

そらそうよなあ。こんな年齢で親と離れてしまって。
どうしたらお母さんに会えるのかも解らなくて。
お母さんの面影が有る友人に着いて行ったのかな。

お坊さん 「でもここおっても、お母さんには会われへんで」
男の子 ・・・

お坊さん 「いつまでもここにおるって お母さんが知ったら悲しむやろ?」
男の子 コクリ


お坊さん 「せやからな、よう見えるところに行って お母さんに会いに行こう」
男の子 コクリ

お坊さん 「また次、お母さんの所に生まれてきたらいいやん」
男の子 ( ゚д゚)ハッ!
 (その考えはなかったようです)

そして、観音様のお力を借りて 明るい場所へと連れて行って頂きました。
彼は観音様と手をつなぎ 少し進んだ所で 恥ずかしそうに
バイバイ と手を2回振って 光の下へゆきました。

この子は 単に寂しかったのですよ。
命が終わって、その後どうしたら良いのか解らなくて。
家族に、お母さんに会いたくて。彷徨っていたのでしょう。
ご家族の供養や、ご先祖の声にも気づかずに。

亡くなっても人は人だと、痛烈に思う瞬間でもあるのです。
もちろん、問答無用で始末を付ける相手もいますが、会話をすることで
浄化への道を歩む人が殆どです。

生きていても、そうでなくても 道に迷うことは有るのです。
その迷う理由を知ってこそ、道を示すことが出来るのではないか

そう思ったりもするのです。


※ お友達には、ブログ掲載許可をいただいております。また対価もいただいています。
無料での霊相談・除霊浄霊は一切行なっていません。

メルマガ
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか


問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら