対価というもの。

最近、アクセス解析で「対価」ってワードで良く来られている方が多いようです。

対価についてのお話を去年書いたからだろうな~。
そんな訳でその記事4つ。

対価というもの
・ 対価というもの2
・ 対価というもの3
・ 対価というもの4
真面目よ!真面目なのよ!この話!
感覚的に解ってる話を文章にするのは大変だった記憶が。

さておき。

対価って相手が払うもんだけでなく、こっちが払うもんでもあるのよ。
こっちが受け取り手の場合、やり過ぎたら違う形で返ってくる。

んで、お互いが言葉で交渉・理解していたら 対価は成立しやすい。
なんでかっていうと 対価が難しいことになってるのは
勝手に判断するから だから。
相手とちゃんと話し合ってたらいいこともあるんだもん。

私自身、友達と話の流れで何かを見ることってあるんだけど
その場合も一応対価設定してます。心の中で。
だって、それはこっちが勝手にやってることなんだもん。
本当に私のことが必要な人は、友達であってもセッション予約してくれるし。

変な話 対価は変に欲をかかなければ問題なし なんだよ。
ほんまコレに尽きる。魔術とかがお値段するのは 私らの技術料なんだよ、あれ。
技術っちゅうかその分強力に動かすし。
逆に支払う方は「タダで聞こう」とか思わない事かなぁ。

なんかまとまってないんで、コレで閉店!ガラガラガラガラ。

メルマガ
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか


問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら