「手放す」を手放す。

執着や、こだわい、想いを手放そうと 「手放すこと」 

頑張っていらっしゃる方もいると思います。

手放すのって大変ですよね。

しかし 手放すと思い込みすぎると それ自身が執着になることもあるのです。

手 光 両手 手のひら 光る  - 写真素材
(c) Graph-S

写真素材 PIXTA

「手放そう」という思いが強ければ強いほど

その対象に強く想いを抱いてしまうのですよ。

意識がそっちに向いて ずっと考えていると無意識でも考えてしまいます。

無意識って、否定形が判断できないので 手放したいもののはずなのに

深く刻み込まれてしまい 「手放したい自分である状態」 にしようとします。

そうなると 手放したいのに手放せなく なるのです。

じゃあ、本当に手放したい時はどうすればいいのか。

放っておく んですよ。 自分の気持ちを。考えないの。

本当にいらないものなら、勝手に心のなか・手の中から抜けていきます。

改めて気づいたときに、自然に手放せるんですよ。そんなもんなの。

あがくことも大切だけど、待つことも大切なの。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら