1年の折り返し6月30日に、やっておくべき夏越大祓。

6月30日は、一年の半分最終日であるとともに
夏越の大祓の日(なごしのおおはらえ)の日。

この大祓、めっちゃ簡単に受けられる
お祓いだって知っていましたか?

その前に大祓とはなんでしょうか?

大祓(おおはらえ)とは6月と12月の日(新暦では6月30日12月31日)に
行われる除災行事である。

犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で
6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)
12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という。

6月の大祓は夏越神事六月祓とも呼んでいる。

なお、「夏越」は「名越」とも標記する。
輪くぐり祭とも呼ばれる。(wikipediaより引用)

Wikipediaより
引用させていただきました。

自分の罪や穢れを除いてくれるご神事が
大祓なのです。

もともと、宮中行事だったそうです。

また、京都で行われる祇園祭や
大阪の天神祭、蘇民祭も
この大祓のお祭りです。

罪や穢れ、というと
大げさに感じるかも知れませんね。

ここでいう、罪や穢れとは
日々の生活で積み重なった
スピリチュアル的な、体の垢だと
思ってもらえると解りやすいです。

普通に生活しているだけなのに
お風呂で体を洗うと、垢が出ますよね。

そんな感じだと思っていただけると
良いかと思います。

この大祓、受ける方法は
実はとても簡単なのです!

その方法をお伝えしますね!

自分の身代わりを作ります

まずは神社で人形(にんぎょうではなく、ひとがた)を
いただいてきます。

人形は紙で出来ており、大祓を受ける人の
名前と年齢を、人形に直接書きます。

この人形が自分の穢れを引き受けてくれる
身代わりとなるのです。

次に、人形を手に持ち その手で
頭・胸・両腕をなでます。

そして最後に、人形に息を吹きかけます。

これであなたの罪や穢れは
人形に移りました。

この人形を神社に納めてください。

身代わりを神社に納めます

納め方は様々ですが、私の地元では
人形が袋に入っています。

その袋には、住所氏名の書く欄がありまして
これに人形と初穂料を入れて、住所氏名を書き
お賽銭箱にインする形式です。

初穂料とは、お祓いしてもらう費用です。

自分の罪や穢を引き受けてもらって
神様に清めていただく費用です。

金額の決まりはありませんが
私は毎回 一人一漱石さんにしてます。
別に深い意味はありませんが、何となく。
自分の身の丈にあった額なら
金額はいくらでもいいと思います。

人形は、御賽銭箱でなく
社務所に収めるとこもあります。

神社でご確認くださいね。

集まった人形は、だいたい30日の夕方~に
大祓神事をされる時に、神主さんが祝詞を上げて
その人形をお焚き上げしてくれます。

また、神社さんによっては
鳥居に写真のようなものが
あるところがあります。

これは茅の輪(ちのわ)というものです。

神社によって、あるところと
ないところがあります。

茅の輪は、茅で出来ている輪で
これに強い厄除け効果があるとされていたため
こういう形になったらしいです

この茅の輪にも、くぐり方の作法があります。

方法を書いておきます。

茅の輪のくぐり方

1 茅の輪の前で一礼。

2 茅の輪を越えて左側から回り込んで正面に戻る

3 茅の輪の前で一礼。

4 茅の輪を越えて右側から回り込んで正面に戻る

5 茅の輪の前で一礼

6 茅の輪をくぐって真っ直ぐ進む

イメージしづらいと思うのですが

茅の輪を境にメビウスを描く感じです。

どうしたらいいのか解らなくても大丈夫!

茅の輪がある場所には、大体横か手前に
説明書きがあります。

その説明を読んで、くぐりましょう。

この茅の輪、くぐる時に
罪や穢れを引き受けてもくれます。

ですから、持って帰っちゃダメですよ!

家の中に罪や穢れを
持ち帰ることになります。

それよりも何よりも、神様の目の前で
窃盗を行うってのはどうでしょう?

よく考えてみてくださいね。

そして、茅の輪がない神社でも
大祓神事は行われますから
安心してくださいね!

個人的には、この大祓
本当に助けてもらってます。

身体がてきめんに軽くなりますし
終わってからの自分の動きや行動が
全く変わってくるんですよね。

不思議なんだけど。

デトックスや浄化もいいですが
大祓は古来の日本から行われている
伝統的な神事です。

気軽に受けられるお祓いなので
是非ご近所の神社さで
ぜひやってもらってくださいね!!

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら