アカシックレコードを視ること

一時期 アカシックレコード  で検索してお越し下さる方が 非常に多かった当ブログです。

あるテレビ番組で 占い師さんがたくさん集まって、運勢とか占いをされていたのですが

その中に アカシックレコードリーディングをされる方がいらっしゃったからだと思います。


アカシックレコードってそもそもなんぞや?

アカシックレコード(英:Akashic Records

、独:Akasha-Chronik

)は

宇宙

の創造、人類の歴史を含む森羅万象の情報が蓄積される記録の概念である。

ドイツ語

Akasha-Chronik(アーカーシャ・クローニック)は

アカシャ年代記

と和訳される(以下、便宜上「アカシックレコード」と表記。)。

発音からアーカーシックレコードとも。一般的に話題に上るものは

暗黙的に、様々な問いかけに回答するエドガー・ケイシー

のものを指している。

(出展 wikipedia)

私の感じたイメージでは、その人の前世から現世未来世までが記載された本が

時の記録庫・保管庫にしまわれている・・という感じでしょうか。

本と言っても文字で書いてある訳ではなく、画像になることの方が多いかなあ。

私の場合は 他人のは読めないし・自分のは9割がた寝落ちします五月女風30

保管庫まで行って、座って本を前に置くまではいけるんだけどなあ・・・

見れないってことは必要ないのかもですな。

自分の未来が、どこまで記載されているのか 気になる所ではありますが

あまり未来を見過ぎてしまうとしっぺ返しを食らう気がするのと

想い出したくない前世の傷まで見ちゃうかも知れないし。

今のままでいいのかも知れませんむふっ。

薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら