ミディアム(霊媒)として生きる意味。

ミディアム(霊媒)は
日本語で言うなら、霊能者 の意味合い。

そのどちらも、亡くなった方からの
メッセージを受け取る役目があって

それは亡くなった方たちのためでもあり
この世に残された、生きる者のためでもある。

亡くなった方たちと 面と向かって話したり
肉声で会話する、ってことは出来ないけれど

ミディアムが通訳として存在することで
話すことが出来るんよ。

亡くなった方たちは ちゃんと知っている。

生きているうちに、気づかなかったこと。

亡くなった方たちは 願っている。

残ったものたちが、笑顔で過ごすことを。

そして、あちらの世界から 愛の想いを
伝えたがっていることを

私は心から知っている。

この能力を、必要な人のために。

それは生きているとか、亡くなっているとか
生命の有無に関係なく

思い残した想いを、双方に伝えていく。

それは生きるものが苦しまないために
あの世に渡った人たちが伝えたい思いや

生きるものがあの世に渡った人たちに
伝えたかった言葉であったりする。

それをしっかり伝えること。

愛を伝えること。

私は、今を生きていく人たちのために
あの世に渡った人たちの言葉を伝えていく。

それこそが、私が ミディアムとして
生きていく意味であり、仕事そのもの。

イベント情報

天国から届く 愛のメッセージを
伝える120分!

奄海るか 公開ミディアムシッティング
(公開霊視)

チケット好評販売中!

1/29(月)10:30-12:30 大阪会場
https://peatix.com/event/323697/view

1/31(水)10:30-12:30 東京会場
https://peatix.com/event/324728/view


 

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら