「交換セッション」という名の功罪。

「交換セッション」って知ってる?

これはセッションの物々交換で 自分がセッションする代わりに、相手にもセッションしてもらうことを指すねん。引越の手伝いの代わりに、ご飯おごるから・・とか、ご飯食べさせてー、ワイン持ってくから! そんな感じ。

バーター取引やと思ってくれたらエエかな。

でさ、これ お互いが新人やったり、ビジネスが絡まないお友達とやったらアリやと思うねんけど、そうでなかったら やったらアカンのよなー。

なんでかって言うと、交換って そもそもの成立が難しいねん。

例えば AさんとBさんがおって。

AさんはBさんのセッションや販売品が必要で、価値を感じている。

BさんはAさんのセッションや販売品は必要としていない。

こんなんで交換は成立せんのよ。

更に Aさんのセッションは 54000円。

Bさんのセッションは 5400円。

貨幣価値も合ってないと、おかしなるのな。

そんで、交換セッションで~ って言って成立するには

仕事をお願いされた側が申し出て、初めて等価交換が成立するんよ。

例えば CさんとDさんがいます。

CさんがDさんに依頼をしました。

Dさんが「お金いらんから Cさんのセッションで提供してもらえません?」はアリ。

逆にCさんが「Dさんに仕事をお願いしたいねんけど、私のセッションと交換でどう?」はナシ。

ナシな理由は 後者は只の押し売りやから。

これ、Cさんの方が立場強かったり 付き合い長かったりすると Dさんは断られへんかったりするもん。

でも、私 こう思うねん。

相手を尊敬してたり、信頼してて 相手の提供するものに価値を見出してたら

「お金 払いたい」「お金払っても受けたい」  そう思うんちゃうかな?

お金払いたくないけど、提供するモンが欲しいってのは、相手を軽く見て馬鹿にしてる。

私にはそうとしか思えんのよ。

現金はエネルギー、それは循環させてなんぼ。

自分が人にお金を払う価値を知らんと、自分も人にお金払って貰われへん。

相手には現金渡さんと、自分だけ現金欲しいって どんだけ強欲やねん(笑)

交換セッションするくらいなら、一旦現金渡して、また自分が現金貰ったらエエんちゃうん。

振込手数料が惜しい? そんな小さいコト言わんと。

そこケチってお金で買えへんもん無くす方がイタイで。

好きな人にこそ、自分が必要なもんにこそ、お金払おうぜ。気持ちよく。

そしたら、自分のもとに 気持ちよくお金を払う、必要とする人が来るからさ。

目の前の欲で、大切なもの見失うな。そこにこそ 価値があるんや。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら