「自分が何を好きか解らない」「色々迷って選べない、決められない」あなたへ。

「自分が何を好きか解らない」

「色々迷って選べない、決められない」

「何を選んで良いか、どう決めて良いか よく解らない」

こう言わはる人、結構いてます。

自分が何を基準に、何をどうやって決めていいんか 解らへんて。

あなたが決められない、その理由。

「決めたことが、否定されてしまった過去があるから」なんよ。

生きてたらまあ、否定される事なんて あるわな。

これを読んでくれてる、あなたもそう感じてるかも知れへん。

じゃあ、なんで過去が影響してるんやろ?

それはね「親や祖父母など、理解してくれている人」から「子供の頃に否定されてしまった」。そう感じている出来事やねん。

小さいころに「こうしたい」「これがいい」と言ったことに対して

「男の子なんだから(女の子だから)それはおかしいでしょ?」

「それはないわー」

「そんなのダメに決まっているでしょう?」

大人が全く軽い気持ちで言った、こういう言葉。

小さいころのあなたは、突き放されたような気持ちになったんちゃうかな。

そんでこういった思考になるねん。

「ああ、これを選ぶと 私は良くても おかあさんは喜んでくれない」

「おかあさんはこれがいいんだな」

「じゃあ、おかあさんが喜んでくれるもの 選ぼう」

あなたは 大好きな人に喜んで欲しかった。そやから大好きな人が喜ぶものを選んだ。

ただ、相手が喜ぶ事をしただけ。

コレが良い悪いというのではないねん。

でも、今自分が何を好きか解らない、選べないのは 自分の心よりも、周りの心を喜ばせることをしたから、やねんな。

自分も喜ばせてあげなあかんよね。

あなたが 自分の為に選んだことは 何一つ間違いがないねん。

「間違ってはいけない」のは誰のため?

もし、間違ったと感じたなら それは「自分の心に嘘を付いて決定したから」。

自分の心、ホンネをごまかして 選んだり決めたりすると、それだけでストレスになるし、何より努力も頑張る力も出てけえへんのやからさ。

あなたが大好きな人の笑顔が見たいように

周りも私も 大好きなあなたの笑顔が見たいねん。

あなたは、何をあなたの為に してあげたい?

あなたは、どんな事が 嬉しい?

こんなコトを日々の生活から、少しづつ見つけてあげたって。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら