被害者で居たい人。

世の中には「被害者で居たい人」がおります。

どんな人かといいますとね。

  1. 自分を下げて 相手を立てる 
  2. 意見を言われると「私が悪いから・・」と言う
  3. 自分と他人を比較して「どうせ私なんて」「あの人ばっかりずるい」と言う

1は良い事なんじゃ?と感じる人もいるでしょ。

ところがどっこい。謙虚さからくる立て方ではないのよ。
相手に尊敬の念が無い。卑屈な言い方をするの。聞いたら解るねん。

2も良いように感じるかな?

これはね、相手と意見を調整したり聞く気がないんだよ。注意されてなら解るけど
「こうした方がいいんじゃない?」って言ってコレ。

これ「自分が悪いと言いながら、相手のせいにして それ以上意見を言うな」って事です。
そして何故か、こういう人は凄い強気の自己発信して他人の意見を叩くんだよな・・・
それなのに、そこに反論されたら「私が悪いから・・」って言うねんなー。

3は解りやすいと思う。

妬みと嫉妬ですわー。ずるいてなんやねん、ずるいて。その前にやる事やってるんかいな。

で、こういう人はなんで被害者で居たいのか。

その方が楽だから。

被害者でいると 自分は悪く無い、相手が悪いって思えるからなんだよ。

ずっと、自分を振り返らない・成長しないから 同じ所をぐるぐる回って、ずっと同じことで悩むんだよ。

被害者で居たいということは、無意識に加害者を創りだそうとしているのよ。
相手おらんと自分が被害者になられへんから。

だから、相手の細かい一挙一動や言葉尻を捕まえる。過剰反応して感情が揺れ 表にも出す。
自分が被害者になるための、加害者を探すために。

めんどくさっ

自分が被害者でもなく、加害者でもなく 生きていきたいと願うなら
相手と対等な位置に立つようにしてみよう。

相手より上でもなく。下でもなく。違っていても認める。そうすれば相手も認めてくれる。
好きになってもらおうとしない。媚びない。へりくだらない。

対等であってこそ、自分が軽く見られること無く 大事にされるんよ。

さっさと被害者は止めようで。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら