担げる縁起はかついどけ!

「縁起を担ぐ」という言葉があります。

この意味は、ちょっとした物事に対して
よい前兆だとか悪い前兆であるとかを気にすること。
ジンクスにも似ていますね。

例えば、結婚式は大安にすると万事よしになるからいい。
友引のお葬式は「友を引く」に繋がるから避けること。
三隣亡は三軒向こうまで滅ぶから、建築はじめに凶とか。

要はそんなところです。

で、タイトル。

10年以上前に、妹が家を建てる時に 私が言った言葉だそうです。

だそうです・・・

になっているのは、私 言ったことを
さっぱり覚えてないんですよ~。
でも、そう思っているのは事実ではありますけどね~。

そこに深い意味は無くてですね。

「後々 「日取りが・・」「仏滅が・・」って思う可能性があるなら
 先に担げるもんはかついどけ!」  ってハナシ。

気にしないし そんなもんに影響されないし!って
思うんなら、担がなくてもええのですよ。
そういう人は、そういったことを上手くいかない理由にしないから。

「あのとき◯◯だったら・・」
「あのとき◯◯にしなければ・・」

って思って、今を 過去の自分を呪うことが馬鹿らしい。

なので、後でそのせいにしないように 今 かついどく。

PAK56_daruma20140208500

いつだって、世界は自分の選択からできているのだから。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら