見えない世界に於ける適正。

今日も見えない世界のお話です。

霊なんていない!そんな事言うなんて頭がオカシイ!と思う方は
読まずにそっとUターンしてください。

見えない世界の事をお仕事にして、数年経ちますが
年々強く思うのが

「見えるからといって この仕事をやる必要はない」

ということ。

幼い頃から見えていた、という人でも
ご自身がやりたくないと決めたら やらなくていいのです。

魂の系列も関係するのですが、光に近い人がやる仕事と
私のように闇に近い人がやる仕事は、境界線がちゃんとあり
それを理解するものが 決まりに従って扱う必要があるのです。

a1370_000492

で、光に近い人と 闇に近い人は それぞれ 得意分野と苦手な分野があり
それを知った上で 仕事をしている訳なのですね。
これを知っていることが 霊能者・見えない世界を扱うものの
適正そのものであるのです。

その境界線を知らないまま、苦手な分野があることを知らないまま
自分の魂の属性を知らないまま こっちの世界に足を突っ込むと
抜け出せなくなったり、体調を崩したりなど します。

まして、除霊サイドの仕事なんて。

本の知識を超えたものとか いっぱいあるので、それだけでやると
本当にえらいこっちゃになるんです。

神様の声が聞こえても、神様の利益をいっぱい受けれる人でも。
その人が出来ない、難しいこともあるんだと、知ってください。

見えるからってやんなくていいのよ。

自分がそう決めたなら。

命は生きるためにあって、見えない世界の為に 削るものではないから。

どっとはらい。

休暇

募集中 期間限定ワーク
・ 源泉水の儀

薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら