占い師になるには?

● 占い師になるには どうしたらいいでしょう?

占い師になるためには、資格はいりません。

つまり、名乗っちゃえば 誰にでも出来るんですね。

(c) アキ

写真素材 PIXTA

かといって、技術が無かったり 経験がないまま 占い師になれる訳ではありません。

占いの技術を磨くのは、先生に付いたり勉強すれば出来ます。

経験については、お友達や知り合い・ブログ上での公開鑑定などを経て

積んでゆくのもひとつの方法ですね。

しかし、それよりも大事な経験が 社会・人生経験です。

(c) UYORI

写真素材 PIXTA

社会経験を積むと言うことは、学校社会と違って 多岐に渡る年齢層の方や

考えが異なる方とも いい意味でも悪い意味でも 仕事をこなすことになります。

そして、色々な経験が絡みあって 自分の肉となります。

自分の肉となった思考は、とても説得力を持つのです。


● 必要なのはコミュニケーションスキル

また、コミュニケーション能力を高める事が必要です。

相手が何を考えているのか、どう話してゆけばいいのか などを判断する力は必要です。

クライアントさんにも、話してあげたほうがいい人と、聞いたほうがいい人がいますし
より気持ちを理解し、相手に伝わる言葉を選べるかどうかです。

● 経験がないから相談に乗れない と決めるのは乱暴です。

結婚経験がないから 離婚の相談に乗れないかと言うと違います。

そこで必要になるのが 相手の気持ちを汲み取れるかどうか 

共感できる では無いことに注目してください。

共感するのは悪いことではないのですが、し過ぎると相談者に同調しすぎて

鑑定結果がブレることがあります。

意識的に客観視を心がける必要があるのですね。


● プロを目指す方は 時間を掛けて。

プロを目指すのであれば、時間を掛けて丁寧に進んでゆきましょう。
時間を掛けることも、経験・修行のひとつと考えています。

短期間で知識をつけることは可能でしょう。
しかし、それだけではプロになったとしても続けることが難しいのですね。

大体、プロになってからの苦労のほうが多いっすよ。自分の限界とか解るしねえ。
そして、技術を磨く・勉強は一生続くのです。

また「人の下で働くのが嫌だから」「会社には勤められないから自宅で出来る仕事を」と
思って占い師を目指すのであれば 辞めたほうが懸命です。
そんなに簡単に出来る仕事ではないですよ。

● プロとしての働き方

人への伝え方、伝わり方は
直接会う>電話>手紙、メールなど文字 の順で伝わると言われています。

対面では身振り手振り、表情で伝えられることもあるのですね。
その一方で、メールなど文章ではニュアンスを伝えるのが難しくなります。
なので、難しさもこれに比例します。メール鑑定が一番テクニックが必要です。

プロとして成長したいのであれば、メール鑑定を増やすことです。

メール鑑定会社に所属するのもひとつの方法です。


● 自分が占って欲しいと思う占い師を目指す

占い師ってそう簡単な仕事ではないのが お解りいただけましたか?

プロを目指す方はあなた自身が、あなたに占って貰いたいと思うかどうか
そこも視野に入れて考えてみてくださいね。

プロとして活動するには、大変なこともありますが
自分のために、その道を目指そうとするのであれば頑張ってください。
試練はいくつも起こるでしょうし、私自身もありました。

それでも、あなたが本当に志す・目指すのであれば 道は開かれるでしょう。

道のために、頑張ってくださいね。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら