視えること・その対価(1)

スピリチュアルネタはメルマガ発信が中心なのですが
今回 「どうしても皆さんに知っておいてほしい」 と強く感じる出来事があったので
書いていこうと思います。

視える力、聴こえる力・・・は何度かお話していますが
これ自体は、誰でも持っているものです。それがどう自覚できるか
最初の段階での強弱はあるだけ。
なので、レイキや伝授を学ぶ・使っていくことで 感覚が磨かれてゆくことは
よくあることなのですね。

ですがね。「視えるからいいってもんではない」のよね。
視えるが故の怖いものって結構あります。ホラー映画のようなものもあるしさ。
視えることで、見えない世界の問題に巻き込まれることもあります。
なので、視える・解るようになったら 力のコントロールが必要になります。
それは能力のコントロールだけではなく「理性による」部分です。

怖いものが視えた場合でも、相手にそれをいきなり言ったら?

怖さだけが増して、不安になるよね。

それって、暴力と変わらないのよ。見えないから証明できないし
また、観えてたものが偽物だったらどうするの?どう責任を取るの??

視えてるものが正しいかどうか、その判断を誤らないようにするのが 本職なのよ。
綺麗なものに化ける妖かしなんて、いくらでもいるの。

怒っているご先祖の霊がいるとして。その怒りの理由が 恨みなのか
単にその人の今の状態に怒っているのか(これがまたよくある。)
見極めないと霊に対して、因縁をつけてるのと変わらないのよ。

そうなると、どう対価が現れるのか。

その話はまた後ほど。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら