父の霊感2


父の霊感

 のつづきです。

母方の祖母(父から見ると嫁の母)が亡くなった時の話。

お通夜~お葬式にかけては、現実面のほうが忙しくて そういう話をする余裕もなく。

(島根到着後、喪服を取りに奈良まで帰ったとか。2日で1.5往復。車で。)

でも、今思えば 祭壇の横に立っていたようですが。

そして初盆。

初盆の時は、私が社会人一年目・妹が高1。

お盆は忙しく、妹も学校が忙しく 田舎には両親だけで帰りました。

無事初盆を終えて、両親が帰宅。

そこで母から 「気持ち悪いことがあってん」 発言。

仏壇に灯明と線香を上げるが、危ないので就寝前には消します。

その時もいつも通り 消して寝たそうです。

朝起きたら 灯明が仏壇から落ちて割れていて 更に灯明の火が灯いたまま

母、怒り狂い(家が燃えたら危ないから) 祖父と伯父を問い詰めるも誰も点けていない。

もちろん父も。

田舎の仏壇は、確かに少し高い位置にあって(立たないと鈴が鳴らせない)

落ちると物が割れる事も否めないけど、畳に落ちて割れる・・?とも思ったんですね。

そこで父がひとこと。


「帰って来てはったからなあ。」



Σ(´∀`;) Σ(´∀`;) (母もここで初めて聞いたらしい)

母の実家は田舎の家のため、キッチンではなく土間なのですが

父曰く 「夜中土間を歩きまわっていた」 そうです。

水音もしたらしく 「おばあちゃん、家事してたよ」 って・・

ばあちゃん、死んでまで家のことしなくても・・・ううっ...

初盆の法要時も、祭壇周辺にいたそうです。

そして半年後、一周忌のため また二人で帰省。

普段の何気ない感覚で 「どうやった?」って聞いたところ

「おばあちゃん、ちゃんと成仏しはったで」


Σ(´∀`;) Σ(´∀`;) Σ(´∀`;)

初盆の時は ひとりだけだったそうですが 今回は観音様と一緒だったらしい

祖母の顔が祭壇に浮いていて、観音さまがその顔を抱くように上にいたらしいです。

どちらもとても穏やかな表情で、父はこれで ちゃんと成仏したって感じたそうです。

・・・書いてると普通に感じるなあ・・

存命中にもっと色々聞いておけばよかったなと思うのですが

なんかそんな話する機会も無くて、勿体無い事をしたな。

お盆は亡くなった人が帰って来ますが、家族や先祖は全く怖くないんですよ。

おうちの中でする、物音は安心してくださいね。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら