対価というもの5

対価のお話は昨日で一旦区切る予定だったのですが

朝テレビを見ていたら、こんな話をやってましたのです。

(過去記事なので過去のニュースです)


リンク  中国、日米欧などで「新幹線」技術の特許乱発

私が見て思ったのは 「どんな対価を払うのだろう」 ということです。

私たちの周りにもこういう事って結構あります。

解りやすく言うと「パクる」ってことですね。

お金を払って教えてもらったり、習ったことは 現金を払うことで等価交換。

私の場合はそこに「やっていいよ~」と相手の許可を得てから 自分のものにしています。

これは自分のスキルと気持ちの問題なんだけど。

もし、あなたが 他の人に自分のやっていることを奪われたり

さも自分がずっとやっていたかのように振舞われたのなら どうなりますか?

めっちゃ腹立ちますよな。当たり前ですが。

その時、そこで相手に対してのアクションを起こしてはいけないんですね。

これは、周りが見て判断してくれます。正しいのはどちらかちゃんと解るんです。

メッキは剥がれる・本当に自分の身についたものではないからメッキなんです。

ごまかしは身に付かない、対価はきっちり払われます。

その分、ご褒美が来るんですよ。

予約ボタン
薔薇の魔法師・サイキックミディアム
奄海るか

 メニュー・料金  スケジュール
 ご予約はこちら  ネットショップ
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら