対価というもの4

対価というもの

・ 対価というもの2

 ・ 対価というもの3

 のつづきです。

まずはコチラをお読みくださいね。

今回は 対価としての料金設定のお話 です。

こ難しい感じですが、要は 支払った代金と受けたサービスが値段に見合っているか です。

売り手と買い手がいる訳ですね。

買い手の人は対価としてお金を払いますよね。

売り手の人は商品なりサービスなりを提供するわけです。

売り手の人は、もらう金額が適正価格であれば

自分の体が疲れることもなく仕事が出来るんですね。

これは会社勤めの方も同じで、売り手の方=社員は時間と能力を会社のために使っているのですね。

あと「自分の好きなことなので、時給が安くても良い」と自分自身で対価を設定したり

「これだけ貰わないとやってられない」 ってこともある訳ですよね。

値段に見合わない労働は疲れやすいんです。

なので、安い料金で提供するのも考えものなんですね。

体や心が疲れてしまうから。

そして、逆に適性より高い場合。

この場合、買い手さんにどれだけ還元しているかで変わってきます。

例えばサロンの場合 高いぶん使用している化粧品が高いとか。

見えないものを提供する場合、提示価格に納得していただいた上で

お申し込みいただくわけですから、双方がその金額で納得すればそれが適正となるんですね。

適性より高く・かつ買い手に還元出来ていない場合は

売り手側がなんらかの形で対価を払うことになります。

よく20:50あたりにニュースで摘発されてる会社とかあるでしょ。

あれも対価の一種かな~と思えます。

この適性って自分だけでなく・買い手さんが決める要素でもあるから

難しいっちゃあ難しいんですけどね。

欲かいちゃいかん ってことですわ。

休暇

夏期休暇 8/19~8/27
メールの返信等は28日以降となります。

募集中 期間限定ワーク
・ 源泉水の儀

薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら