自分を占う時のコツ その1

私がタロットレッスンの生徒さんによくお話しする事なのですが

「自分を占う時は感情を入れない」

これはどういう事なのかについて、お話しさせていただきますね。

まず、引くカードのパターンを見ます。
大まかに分けると

「時系列」
「相手・自分の感情や願望、恐れなど」
「周囲の環境」

になります。

この中で、感情を入れていけないのは全てなのですが
特に重要なのが「時系列」です。

時系列とは、あくまで時間の流れについてで、カードの出方もそうなります。
過去どうであったか・現在どうなのか・未来はどうなるのかの状況について出ます。

例えば 仕事について見た場合

過去に女教皇
現在に力
未来に恋人

が出たとします。

この場合のリーディングとして
「過去は女教皇で現在が力、未来は恋人になる」

という当てはめをして読んで行きます。

私の読みですると

「過去は仕事に対して冷静沈着であり、シビアな目で見ていた。現在は自信を持ち自分の立場やなすべき事を理解している。
未来はコミュニケーションを重視し、周囲と協調しながらも楽しく仕事ができるようになる。」

この中に、感情に当たるところがほぼなく
状況判断の部分が大きくなっていることに注目してください。

感情を入れて読んでしまうと、自分に都合のいい解釈もそうですが
リーディング結果に言い訳や理由を付けてしまうのですね。
そしてカードを引く時に考えていた問題や相談から外れていって
質問もリーディングもブレてゆくのですね。

文章を書く時に「5W1H」を意識して書くといいと言われますよね。

タロットリーディングもそれと同じです。
文章を組み立ててゆく事なんですが、出発点は「カードに何を聞いたか」
ここがトップになってきます。
「私の今後の方向性」について聞いたら、主語は「私の方向性は」になりますし
「彼との恋はどうなるのか」なら 「恋の状況は」が主語になるのですね。

一枚のカードにつき、「5W1H」で完結した文章を作ってゆき
それを組み合わせたものが総合的なリーディングになっていくのです。

いきなり頭の中で組み立てるのは難しいと思います。
そういう場合は、ノートに書いて文章を繋げ 違和感がないかを確認するのがオススメです。

一気に上手になんてなれません。
占い師もそれなりに地道に
修行や練習を重ねているんですよ♪( ´▽`)

継続して練習・検証を重ねてこそ実力になるのです。

iPhoneからの投稿

薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
薔薇の魔法師・サイキックミディアム 奄海るか
イベント情報

10/28(土) かさこ塾フェスタ 大阪
奄海るかは公開インタビューで出展します!

 

セルフマガジン
第四回セルフマガジン大賞
優秀賞受賞!

薔薇の魔法師で
サイキックミディアムの
奄海るかが解る小冊子
無料でお届けします!

お申込みはこちらから
申し込みフォームへ

問い合わせ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
ランキング参加中!クリックお願いします。

フォローはこちら